ひとりごと

my012.exblog.jp

ゆちょんの全てが好き!

IN HEAVEN 24

圭祐と絵梨菜 2人が旅立つ日が来た

抱き合い泣いている杏と絵梨菜

「ユチョン、杏をよろしくね!絶対ね!」
何度も何度も繰り返し言われた
「わかったっつうの……」
そんなに何回も言わなくたって。俺だってバカじゃない。

「じゃ、行ってくる」
「おぉ」
俺と圭祐、JJはガシッと手を握り、肩を抱き合った
「気をつけてな」
「あぁ」

車のエンジンがかかる

「幸せになってね、絵梨菜」
「うん 大丈夫。圭祐がいるもん」
「絵梨菜~」「杏~」
また抱き合い泣く二人


「さ、行こう。絵梨菜」
「うん」


「お、忘れた。車の中で食べてよ、www特製バーガー」
「わ、ありがとう JJ。よく食べたよね。大好きだった……ね、圭祐」

絵梨菜が言うと圭祐も運転席で頷いた



「行ってきます」
2人を乗せた車はゆっくりと走り出した


「圭祐!」
「絵梨菜~!」
俺と杏は遠ざかって行く車に向かって叫び続けた



助手席側の窓から大きく振られた手




涙が溢れて車が見えなくなった





「さ、2人の幸せを乾杯しに行くか!」
JJは杏と俺の肩を抱くと、クルッと方向を変えて歩き出した


ずっと同じ方向に歩いてきた俺らが
今、違う方に進み出した


中学の時からずっと同じクラスだった圭祐
マジウザイと思うぐらいいつも隣にいた
高校からは絵梨菜も。
楽しいときも辛いときも常に一緒。
あいつらがいるのが当たり前だった


当たり前………
そっか、これか。
俺にとっての当たり前……
[PR]
by my-my012 | 2014-04-01 19:37 | IN HEAVEN

ゆちょんの全てが好き!


by my-my012