ひとりごと

my012.exblog.jp

ゆちょんの全てが好き!

IN HEAVEN29

「おい!パク!」

まただ‥‥‥
周りも同情の目を俺に向ける。
「聞こえないのか、パク!上司が呼んだらすぐ来い!」
「はい……」
俺は足取り重く、住田課長の前に行く。
「この数字はどうなってるんだ!全然直ってないじゃないか」
「これは課長の指示通りに‥‥」
「言い訳なんかいらん!すぐやり直せ!」
「はい………」
「それから……M社への企画書は?」
「あれは明日、原案が出来上がる予定‥‥」
「明日?!提出は明後日だぞ!」
「え?課長、提出は来週と仰って……」
「え~い、うるさい!それも私のせいにするのか!自分の無力さを人のせいにするなんて、全く、前の課長は一体どんな教育をしてたんだか‥‥あ~あ~もう、いい!とっとと戻れ!」
俺は一礼すると、自分の席に戻った。
下ろしていた拳は握りしめすぎて掌に爪が突き刺さってる感じだ。
「大丈夫か、ユチョン」
小声で慎二が声を掛けてきた
「あぁ、いつものことだ」


住田課長の態度、もう嫌がらせだな。どんどんひどくなってる。
さすがに俺も精神的に苦痛になってきた。


wwwに何ヶ月も顔を出せてない。
杏ともどのくらい会ってないんだろう……
そう言えばこの間「会って相談したいことがある」とメールが来てたっけ…
わりぃな、杏。今は無理だ。




それからしばらくたった頃、杏から何回か着信があった。
でもその時も課長に拘束されていて出ることも出来ず、すれ違いの日が続いている
こんなに何回も掛けてきて……よっぽどの相談なのか

ふと顔をあげるとカレンダーが目に入った。
「うん?」
そうだ……!来週は杏の誕生日
そういえば圭祐や絵梨菜の前で盛大に祝ってやると約束したんだっけ
俺は携帯を手に取ると素早く打ち込んだ

‥‥なかなか連絡とれなくてゴメンな。来週、誕生日だろ。約束通り盛大に祝ってやる!なに喰いたい?なにしたいか考えとけよ。  ユチョン‥‥



送信 ポチッと‥‥


ポキポキ    杏からだ


…覚えててくれたの?嬉しい!ものすごく楽しみにしてるね(*^-^*)        杏より…


よし、やる気出てきた!
1週間、頑張るぞぉ~!
俺は気合いを入れるとまた仕事に向かった



そして、とうとうあの日が・・・・









[PR]
by my-my012 | 2014-04-08 21:13 | IN HEAVEN

ゆちょんの全てが好き!


by my-my012