ひとりごと

my012.exblog.jp

ゆちょんの全てが好き!

IN HEAVEN 48

「ユチョン、ユチョン!」
体を揺さぶられ、目を開ける


……圭祐……なんで……?……
はっ……………!


「杏は!杏は無事か?」
圭祐の肩を掴んで聞いた
「……ユチョン……?」
「な、どうなんだ!杏はどうなんだよ!」
呆然としている圭祐が腹立たしくて、何度も肩を揺さぶった

「ユチョン……ちょっと落ち着け…」
JJが間に入ってきて、俺から圭祐を離した
「ユチョン…目を覚ませ…」
「ねぇ、JJ!杏は…杏はどこ?」
「ユチョン…」
「杏は………」
「ユチョン、しっかりしろ……杏は…そこに…」
JJは静かにある方向を指さす
そちらに目をやると……


ど…どういうこと……?
杏と俺は一緒に車に跳ねられたんじゃ……
俺だけ助かったのか?


でも俺…どこも痛くない……
擦り傷さえない



「なぁ……俺も車に跳ねられたんだよね」
「ユチョン…?…」
「杏と俺は一緒にいたんだよな!」
「ユチョン、落ち着け…」
「俺と…杏は……一緒だったんだよ……」
「ユチョン……」
JJは俺の目を真っ直ぐ見つめこう言った 
「杏は…1人だった…」


「そんなわけ…!…俺は…俺は…この腕で確かに杏を受け止めた……あの瞬間俺らは一緒にいたんだ…」
 


待ってくれ……
いったい…



ふと、左手でなにかを強く握りしめているのに気づいた
指の間から見えるピンクの玉
そっと開けてみると

あの夜………
杏ともう一度会えた日の前の夜に、絵理菜が杏のカバンから見つけて俺に渡した携帯



…ぁ……………


頭の中が混乱する


まさか……
そんな……
そんなはずが…………




そのまま俺は座り込んだ
[PR]
by my-my012 | 2014-05-26 05:51 | IN HEAVEN

ゆちょんの全てが好き!


by my-my012